スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言。


どうも。
レギオンです。


昨日言語聴覚士についての記事を書くと言ったな。


あれは嘘だ。


(サリーの悲鳴)


でも。今日も学校で勉強してましたとも。言語聴覚士を目指して。


言語聴覚士。学校の学科は「言語聴覚学科」。


様々な人に、「何学科?」とか「何になるの?」って言われるので。


「言語聴覚(士)ッス」て答えるんですけど。


「それってなに?」って言われることが本当に多い。
下手すると、医療系の学生さんでも知らなかったり、間違えて覚えていたり。


ってことで、言語聴覚士ってなんだよって話をします。


言語聴覚士とは。一言で言うと、


“言葉と、聴こえと、飲み込みの、リハビリをする人”


です。


世の中いろんな病気がございます。小さな風邪から、皮膚やら内臓やら神経やら、その他大きな病気まで。


そんな病気を治すのが、お医者様や看護師さんたちをはじめとする、医療スタッフの御役目。


まず、言語聴覚士もそういった医療スタッフのひとつであります。
そしてその中でも、「言葉や聴こえや飲み込みのリハビリ」をする人です。


人の脳は、生きる上で使う機能のほぼ全てを司っています。
「見る」「聴く」「運動する」「読む」「書く」「食べる」...場所ごとに担当する領域が決まっていて、当然、「言葉=話す能力」を担当している領域もあります。


近年、脳卒中をはじめとする、脳の病気になる方が多いのは皆さまご存知かと。
そういった病気のせいで脳が傷つくと、その場所の機能が失われてしまいます。


だから言葉担当の脳(の一部)が傷つくと、上手く喋れなくなるわけです。
もっっっのすごく簡単に言ってしまえばこういうことで。


モノの名前が出て来ない、上手に喋れない、相手の言っていることがよくわからない...
場合によっては何もしゃべれなかったり、言葉がわからなくなったり。


障害名としては、「失語症」「高次脳機能障害」などと呼ばれる類のものです。


言語聴覚士の仕事の中で比較的有名なのが、この言葉の障害に対するリハビリです。


失った言葉=話す能力を、取り戻したり、代わりの方法を探したり。
医療的には、どんな障害があるか検査したり、↑のための訓練したり。


障害に直面すると、ほとんどの患者さんは絶望されると思います。
でも、その状態から少しでも元に戻ろうとする思いを支えるのが、リハビリテーション職の役目。


言葉だって例外ではないのです。
脳が傷ついても、言葉を取り戻すことはできるのですぞー。


いがくのちからってすげー!


ま、他にもいっぱい仕事があるんですが...一番わかってもらいやすいのがコレなんです。
とにかく、「言葉の訓練をする人」です。とにかく。


耳の話や、飲み込みの話は、また今度。


ちなみに私、先日内定を頂いたばかり。
4月から働くことが決まっているのですが、そこでの仕事もまた、少し違う領域のお話。


その話も含めて、いずれ。
そっちの方が本当はしたいのですが。


今は言語聴覚士と言う名前だけでもいいので、ひとりでも多くの方に知って頂きたい。


将来お世話にならない方が幸せです!
でも知ってるとちょっと役に立つかもしれないゾ!!(ウエハーマン感)


それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

レギオン

Author:レギオン
レギオンとは
・言語聴覚士を目指す大学生
・同時に特オタ&アニオタ
・特撮ヒーローとロボが好き
・ウィスキーも好き。大好き

内容は
・私の元気でゆるーい毎日
・私の好きなこと
・言語聴覚士の宣伝記事

こんな感じで、いざ参ります。

最新記事
カテゴリ
Twitter
レギオンの暴走気味なTwitter
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。